文字サイズ小標準大

「たのしいわらべうたあそび講座」 を開催しました。

子どもの読書活動推進講座 第2回目 11月14日(水)    場所:ピーポート甘木

 生活やあそびの中から生まれ、時代をこえて受けつがれてきた「わらべうた」。
 わらべうたをうたうだけで、優しい気持ちになったり、なつかしくなったり…。
 家族のふれ合いや、おはなし会にわらべうたを取り入れるために、実際にわたべうたあそびを体験しました。

                            

  講師には、福岡コダーイ芸術教育研究所(※)の岩根聡子さんををお迎えしました。

  読書ボランティアに携われている方々の勉強会として開催しましたが、お子さんを連れてこられている方もあり、
子どもたちが参加者の癒しになってくれました。

 わらべうたをうたいながら、いろんな遊びをすることで、参加者全員が触れ合うことができました。

 参加者からは、子どもたちへの読みきかせだけでなく、高齢者のおはなし会や地域のイベントでも活用したいという感想がありました。

 ※コダーイ芸術教育研究所は、ハンガリーの作曲家であり、民俗学者、教育者でもあったコダーイ・ソルダン氏 の「音楽はすべての人の第二の母語だ」という理念をくみ、1986年に創立されました。
 日本の伝承音楽であるわらべうたを使って音楽教育を行い、ひとりひとりの子どもの人格を尊重し、円満な人間形成を援助していく保育理論を実践されています。    

 

                                         

 



※市内の読書活動グループ「朝倉市読書団体等連絡会」と共催で開催しました。