文字サイズ小標準大

「豊島与志雄の世界と朗読 ~ルーツを探って~」を開催しました。

日にち 2月23日(金)                    場所:中央図書館2階 視聴覚室

  朝倉市小隈出身の作家:豊島与志雄の功績とふるさと朝倉とのつながりについて、お話をうかがいながら、幻想的な文学の世界を朗読で楽しんでいただきました。

竹中惠子さんによる朗読 

 
大刀洗平和祈念館などで朗読活動をされている
竹中惠子さんの朗読。
伴奏は、作品にあわせて作曲を担当された森部江里
さん。

童話 「太一の靴は日本一」

随筆 「幻の園」
 

 
 

永淵道彦先生の講話

   
 永淵先生に、豊島与志雄は、文豪とどのようなつながりがあったのか伺いました。
 芥川龍之介、川端康成などから慕われていたという人柄を知ることができました。

 そして、豊島与志雄のお父さんが「三奈木黒田家のご落胤」という事実を知ることが描かれた随筆「幻の園」にあわせて、その時代背景や豊島家とのつながりのお話を伺いました。
 

 

1階で作品展、2階で写真展を開催しました。

   

講座にあわせて、生家に行ってみました。幻想的な竹林を抜けていくと・・・・ 生家が・・・。